Welcome to my blog

カムバック?

lovely

lovely

昨日からカムバック説が流れていますね。
あの作品がほぼ決まったと思っていたのですが...
今回は「スチールライフ」のリメイク作品の噂?
このように具体的な作品名が出ると決まったように思いますけど、まだ候補の一つに過ぎない、
憶測ではなく、ビンニム自身から「決まったよ!」って聞きたいですね。

ウォンビン復帰か...「「スチールライフ」を含むいくつかの作品の検討」

ウォンビンがカムバックを準備中である。

所属事務所イドゥンナインの関係者は4日、「ウォンビンが映画「スチールライフ」のリメイク作に出演を検討している」とし「「スチールライフ」をはじめ、いくつかの作品を見ている」と伝えた。この関係者は、ウォンビンが「スチールライフ」のリメイク企画にも参加しているという説について、「詳細申し上げることはできませんが、事実と異なる部分がある」と慎重な立場を見せた。

「スチールライフ」は、孤独死を素材にしたのイタリアのウベルトパソルリニ監督の作品である。ウォンビンは2010年の映画「おじさん」の後の作品活動を休んでいる。数回の作品を検討しているというニュースが伝えられ復帰に興味を持って撮影するカットされた出演までつながらなかった。
@EDAILY star



ウォンビン側" 'スチールライフ」出演提案を受けた作品。検討段階」(公式立場)

俳優ウォンビンが映画「スティールライフ」について「出演を提案受けた作品の中である」と線を引いた。

ウォンビンの所属事務所イドゥンナイン側関係者は4日午前、スポーツ朝鮮との電話通話で「「スチールライフ」は、最近検討している作品の一つだ」と話し始めた。

この関係者は「報道上ウォンビンが直接企画から参加するとしたが、事実上企画している作品というよりは、一般的なキャスティングの提案であった。映画を製作する上で、様々な形があるので、ウォンビンも「スティールライフ」を提案して慎重に検討している」と答えた。

引き続「出演決定やはり時期的に確答を差し上げることは曖昧だ。 対外的に話をする段階ではない。 ウォンビンは予想とは異なり空白が長くなったがどうせなら良いカムバック結果を出そうと努力している。 慎重に検討して良い作品でファンたちの前に立つ」と付け加えた。

一方、「スチールライフ」は、2014年ウベルト パソルリニ監督の「スチール ライフ」を原作にした作品。
一人で死を迎えした人々の葬儀を行って知人たちを探して招く職業を持つ一人の男が、向い側アパートに死んだまま発見された男の人生を追って体験する話を描いた映画だ。
@sportschosun.com
スポンサーサイト
最終更新日2016-07-05
Posted bylovely

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply