Welcome to my blog

スポンサーサイト

lovely

lovely

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted bylovely

次期作は国内作品優先で!

lovely

lovely

次期作の話題が出ましたね~。
中国作品での復帰もささやかれているようですが、
事務所としては「国内作品で検討中」と明らかにされてます。
ビンニムの心を動かす作品に出会える事を期待します。


「パパ」 になったウォンビン、新年には 「烈日」お願い

パパになったウォンビンが、これまでの神秘主義を脱いで、「烈日(熱心に仕事をする)」と呼ばれる俳優になるか。
12日、ウォンビンが中国映画を議論しているとか待っている作品があるなどの話が回って再びウォンビンのカムバックが話題に上がった。
それもそのはず、2010年に公開された映画「おじさん」の後、そのいくつかの作品でも大衆を満たしていないウォンビンと彼のカムバックに関心が集まるのは当然の事。
特に昨年、映画「神と一緒に」、「軍艦島」などいくつかの作品に名前が上り下りしながらウォンビンの次期作が決定されることはないかという期待感が高まったが、再び年を越して、ファンたちの物足りなさは極に達した状況である。

昨年ウォンビンは結婚、そして男子出生ニュースのみ伝えてきた。作品のニュースはすっかり便りがない。個人的に嬉しいことを知らせてきたのは、喜ばしいこと首を長くして彼のカムバックを待っているファンには惜しいしかないことでもあった。

そんな彼を、2016年の新年に会ってみることができるのだろうか。さらに、一家庭の家長になったので、今では神秘主義ウォンビンはなく、烈日に働くウォンビンを見ることができるのだろうか。 事実これさえも確実ではない。 作品を引き続き検討中ではあるが今年中に次期作を決めるという保障はない。 しかし活発に作品を検討中という話が伝えられて期待感は高まっている。

まず中国でなく国内作品になる可能性が高いという話だ。 ウォンビン側はOSENに「原則として国内作品も検討して、中国作品も提案が入ってくるのは検討する。 現時点では中国作品を議論していることはない"と明らかにした。

また「外国作品より韓国作品がはるかに多く入ってくる。 だから次期作は国内作品中心に検討している」として国内作品でのカムバックの可能性を高めた。

しかし次期作決定が今年になるのか、また、一度来年に持ち越すかは分からないことだ。 「おじさん」興行以後誰より慎重に作品を選んでいるウォンビンだと次期作決定が簡単に決定されないことという(のは)不安感もある。

今年か来年か、それは全部ウォンビンの手にかかった。 彼の気に入る作品に会えば多分カムバック時期は関係ないのかも分からない。 果たして今年中に彼の心をとらえる作品が現れてファンたちに会いにくることになるのか、でなければまた、1年をさらに待つことになるのか関心が集中している。



ウォンビン側"中国作品議論無、次期作国内中心検討"[公式の立場]


俳優ウォンビンの所属会社側がウォンビンの中国カムバック説に対して「次期作は国内中心に検討している」と明らかにした。

ウォンビンの所属会社イドゥンナインある関係者は12日ウォンビンが中国行きを考慮しているという報道に対して「原則的に国内作品を検討して中国作品も提案が入ってくるのは検討する。 可能性はみな開けている。 現時点では中国作品を議論していることはない」と明らかにした。

引き続き「海外作品より韓国作品がはるかに多く入ってくる。 だから次期作は国内作品中心に検討している」と付け加えた。

この日ある媒体はウォンビンが中国エージェンシーを調べてみて中国作品を収集しているとし中国作品でのカムバックの可能性を提示した。

一方ウォンビンは2010年映画'おじさん'以後次期作を出していなかった状況だ。 彼のカムバックに対しては数多くの推測が登場している。
@osen.co.kr
スポンサーサイト
最終更新日2016-01-12
Posted bylovely

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。